勝ちにいきたいので、デジタルデトックス(スマホ)をはじめました。

こんにちは。瀧川です。

衝動的にデジタルデトックスをはじめました。

僕のiPhoneには今これしかありません。選ばれし選抜メンバーのアプリ10個です。

ネットフリックスもアマゾンもTwitterも消えました。

ブラウザでええやん。

そもそものきっかけ

理由は下記です。

1、もともとITネイティブの僕ら世代は、可処分時間の大半をデジタルに費やしているわけで、

「ちょっとSNS疲れたな」など思う瞬間って誰しもあると思うんですよね。それは潜在的にずっとありました。

2、2年前にとある海外へ行ったとき、朝早く起きて海へ向かい、ただただ何もせず海を眺めていた時に、精神が解放され脳みそが浄化される感覚を覚えました。それから定期的に意識的に何もしない時間を1週間に15分程作っているのですが、その時間が自分にとって色々と効用をもたらしていることに気づきました。

3、4期目に入り、本気で業績を伸ばしにいきたいので、とりあえずスマホをさわるという時間を奪う悪習慣を辞めようと思った。仕事における生産性向上を狙いたい。

4、可処分時間の奪い合いと比喩されている現代において、そもそもの自分らしさや非デジタルが生み出す可能性の損失が怖くなりました。

5、あとは2021年は一般教養ラインの本や映画や音楽や作品に触れる年にしたいと思った。

6、ここ大きいです。ニューヨークという芸人が好きで、そのコンビがやっているラジオのとある回の中で「スティーブジョブズiPhone使ってないだろ。何かずっと考えごとしてるだろ」という発言があり、ハッと思いました。要はプラットフォームをつくる側なのか、使う側なのか。

従来のスクリーンタイム

プライベートのiPhoneだけで、facebook,Twitter,Instagrag1週間で9時間程費やしていました。

活動時間が1日17時間、1週間118時間。約7%を占めています。

変わり始めたこと

2021年から徐々にスマホはさわらなくなったのですが、それによって変わり始めたことが以下です。

・趣味が変わった

┗本を読むようになった(純文学。太宰治最高やん)

┗生け花を始めた。

┗美術館に行きたい。

→自分と向き合うようになった。

・入浴時間が生まれた。入浴剤いれてるよ

・睡眠の質が圧倒的に変わった。

・精神衛生がよくなった。

・根本的な考え方や物事の見方が変わった。強いて言うなら俯瞰して考えるようになったり、思慮深くなった。

・自分という存在を再定義するようになった。生き方や本当に実現したいことなど。

そして今日

僕をささえてきてくれた各種アプリと一旦さよならしました。

1か月間でどう変わったか。メリットデメリットを2月の末にまた書きたいと思います。

尚、今回はプライベートの側面でのデジタルデトックスですので、仕事関係の連絡は従来と変わらず即レスで対応させていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。