keitotakigawa

1年を振り返る気分で、なぜ計画通りに売上が上がらなかったかを考える

こんにちは。

Freedomingの瀧川です。

激動の2020年が終了し、弊社も新年を迎えることができました。

本年もよろしくお願いします。

もう4期目になりますね~。

ということで今期を振り返る系の記事を書きたいと思います。

 

■ざっくり2020年を振り返る

売上→昨対から2倍になった

利益→なんとかでそう

採用→結構いい人とれた

人事→意外と定着している

営業→まずまず

マーケ→まずまず

新規事業→△

財務→たくさん調達できた

よくも悪くも「こんなもんか」という感じです。

体力的には年々リソースが割かれなくなりつつあるのですが、その分一番頭を使って考えた1年でした。

 

■コロナ渦での会社経営

と言っても普段とあんまりやること変わらないですね。

売上を上げて経費をさげて利益を出すだけです。そこから解像度があがり、サービスやプロダクトが出てくる感じです。

とは言え当初の売上目標よりも大幅に下方修正してしまいました。

「なぜ計画通りに売上が上がらないか」

そんなことをここ一年間考えていました。

1.2期目の創業当初も常にこの問題には直面しているのですが、「売上が上がるそもそもの仕組みや営業力がない」というフェーズからは脱したと思うので、「今の売上をどうしたら倍、さらに倍にするか」って感じでした。

この年商1-5億規模でなかなか売上が伸び悩んでる経営者さん、同士です。

 

■なぜ計画通りに売上が上がらなかったか

1、リードタイムの見積りが甘い

2、バッファの見積りが甘い

3、投資対効果の見積りが甘い

と、まあビジネスにおいて根本的な資源のヒトモノカネに近いような「ヒトジカンカネ」という感じに帰結しました。

ではさらに、これらはなぜ起こるのでしょうか。

そう。「データがない」ので根拠のない計画が出来る。

故に計画と大幅に乖離した予実になりますね。

弊社もようやく今期ある程度データが集まってきたという感じです。

データが計画の立てようがないですね。

 

結論

創業期はデータもないしざっくり決めてあとは頑張る。

4期目はもっとスマートな経営をしたいです。