ムーンショット目標

Tech 人生

こんにちは。

Freedomingの深井です。

 

最近気になっているムーンショット型研究開発制度について書いていこうと思います。

 

ムーンショット型研究開発制度と聞いていまいちパッとイメージがつかない人も多いかもしれません。

ムーンショット型研究開発制度とは、内閣府によると我が国発の破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発(ムーンショット)を推進する新たな制度のことであるとされています。

ムーンショット型研究開発制度

 

「Human Well-being」(人々の幸福)を目指し、その基盤となる社会・環境・経済の諸課題を解決するため、以下の7つのムーンショット目標を決定しています。

1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現

2.2050年までに、超早期に疾患の予測・予防をすることができる社会を実現

3.2050年までに、AIとロボットの共進化により、自ら学習・行動し人と共生するロボットを実現

4.2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現

5.2050年までに、未利用の生物機能等のフル活用により、地球規模でムリ・ムダのない持続的な食料供給産業を創出

6.2050年までに、経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる誤り耐性型汎用量子コンピュータを実現

7.2040年までに、主要な疾患を予防・克服し100歳まで健康不安なく人生を楽しむためのサステイナブルな医療・介護システムを実現

 

この目標の中でも特に気になっているのが「1.2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」です。

 

身体、脳、空間、時間の制約から解放される…!?

まさにSFの世界ですね…

正直私は政府がこれを目標としていることにかなり驚きました。

 

身体をなくし、空間時間を超えて移動ができるようになる。これって人間の脳と同等の機能をデバイス上に移し、記憶装置を設けることでデバイスの損傷がない限り半永久的に生き続けることができるようになるということですよね。

死という避けられない宿命があるからこそ一般的に人間は今の人生を充実したものにしていこうと考えるものかと思っていますがこの目標が達成できるとなれば人間とは何かについて改めて考えさせられるのではないでしょうか。

 

全然まとまりませんが、個人的にはこれが実現させられた世界はかなり面白い世界になりそうだなとワクワクしております。